肌のトラブルに一番多い毛穴を完全に無くすには

レディー

化粧落としも優しさで選ぶ

レディー

刺激の少なさがポイント

クレンジング選びのポイントはいつくかありますが、1番大切なのは肌に負担がかからないことです。化粧水や美容液で後からケアをするからと言って、テキトーに選んでいないでしょうか。1日お化粧の負担と外気に晒されて疲れきった肌を、優しくないクレンジングでゴシゴシと化粧を落とすのは追い討ちをかけるようなものです。化粧を優しく落とすところから夜のスキンケアは始まります。それでは、具体的にどのようなクレンジングを選べばよいのか、書いていきます。敏感肌の方にはよく分かることですが、肌は物理刺激に弱いものです。洗顔後のタオルの摩擦すら肌にはとても良くないことです。(拭くときにはポンポンとタオルを当てるようにするのがポイントです、擦ってはいけません。)ですから、肌の弱い方は特に、拭き取るタイプのクレンジングや、手指の刺激が伝わりやすいサラサラした質感のものはオススメできません。また、オイルタイプのクレンジングは落とす力も強い分、肌の油分を取られてしまい乾燥肌の原因にもなります。特別に濃いメイクをしたときには活躍しますが、普段使いには刺激が少なく、肌の潤いを保てるクレンジングを選びましょう。物理刺激の少ないものの場合、実際に使用する際に自分の指と顔との間にクレンジングの層を感じられます。形状で言えばもったりとしたミルクタイプ、或いは硬さのあるジェルタイプのものです。そういった質感のものを、手の温度で温めながら溶かしていくイメージで使ってみましょう。また、余分な香料が入っているものを避ける意味でも、バスタイムに苦手な香りをさせないためにも、香りのチェックもしてみると良いです。肌を守る優しいクレンジングで、自分に合うものを見つけてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加